アイピル ジェネクリ通販

アフターピル(アイピル)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

最安値を販売ページでチェック
 


お薬コラム

アフターピルというのは女性ホルモンの医薬品ですから、生理を若干不安定にさせるのが通例です。早くなったり遅くなったりする可能性があるのですが、みんなに起こるというものではありません。
アフターピルにつきましては日頃の避妊法として使用すべきではありません。やはり緊急時に使用するフォロー用だと考えるべきでしょう。
世間ではベストのアンチエイジングと評されているのがヒルドイドなのです。流石に言い過ぎだと考えますが、保湿効果は非常に強力です。
1日にたばこを15本以上吸っている35歳以上の方という人は血栓症を引き起こすリスクが高いので、トリキュラーだけじゃなくピルの処方はできかねます。
バリフと言いますのはED治療薬の1つレビトラのジェネリック医薬品でコストパフォーマンスに優れています。インドにある製薬会社であるサバ・メディカ社が提供している薬なのです。

性欲増進作用とか性的興奮作用はございませんので、飲んだだけでは勃起しないと心得ておいてください。性的刺激によって勃起した際に、それを補助してくれるのがバイアグラなのです。
食事の影響を受けることが少なく最長35時間前後効果が持続するという理由から、いろんな方が利用していたED治療薬をシアリスに変えたとのことです。
現在厚生労働省に承認されているED治療薬と言うと、バイアグラに加えてレビトラとシアリスと合計で3種類存在しています。
低用量ピルは不妊症の要因にはなりません。飲用をやめれば排卵も元通りになります。ピルの服用を中断した直後に妊娠したとしても、胎児に影響が出ることはないです。
臨床試験によるとプロペシアは初期脱毛であったり勃起不全というような男性機能の低下、プラスうつ症状とか肝機能不全等の副作用が発生することがあると報告されています。

日本人の特徴に合わせて開発された厚労省が認めたプロペシアを処方している病・医院を見つければ、危険とは無縁で治療を始めることができるはずです。
適量の飲酒というものはお酒そのものに精神状態を鎮静化する作用がありますので、シアリスの効果を引き出すことが可能だと言えるのです。とは言え泥酔状態になったりすると逆効果になりますから注意してください。
インターネットで検索しているとゼニカルの通信販売のウェブページを見ることがありますが、健康に直結することなので必ず医療機関に諸事情を伝えて、その指示に従って服用しましょう。
育毛剤(医薬部外品)には頭皮に栄養を提供したり頭皮の血行を滑らかにしたりする作用があり、頑強な毛髪を育てる効果が期待できます。
「早く効く」というのが日本人の気質とニーズ&ウォンツに合致しているレビトラ20mgではありますが、日本国内でもこの20mgを用いるのが主流のようです。