アフターピル 通販・ genecli.com

アフターピル(アイピル)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

最安値を販売ページでチェック
 


お薬コラム

この世界で2番目に認められたED治療薬レビトラのジェネリック品のバリフは世界第2位の販売数を誇っており、凄く支持されているED治療薬なのです。
カマグラゴールドに関しては、食事の後に体に入れた場合吸収が低下し、十分な薬効が期待できません。食事前に摂取することが肝要だと言えます。
トリキュラーと言いますのは、低用量ピルの1つになります。内包されている成分が排卵を抑え込んだり、精子の侵入を邪魔したりするため避妊の効果があるとされているのです。
アフターピルにつきましてはもろもろ指摘されていますが、最たる特徴は排卵を遅延させることだと言っていいでしょう。アフターピルを服用することで5日くらい先延ばしにすることが可能と考えられています。
ピルについては卵胞ホルモンの量によって高~超低用量に分けられています。トリキュラーに内包されている卵胞ホルモンは低用量に類別されます。

シアリスを摂取することで頭痛などの副作用が発生する可能性が高いですが、これらは血管が広げられる作用によるものとされており、効果が発揮された証拠だと言えます。
バイアグラが効きにくかったり無効果だった方にも、レビトラでしたら必ずや期待できますからトライしてみる価値があります。
外国の通販サイトを介してフィンペシアを仕入れる人が増えているようですが、日本では現在のところ許可されていない医薬品ですので、海外からの通販になります。
バイアグラのジェネリック薬品として、カマグラゴールドは人気があります。そのわけとしては、価格と種類の多種多様性をあげることができます。
現下厚生労働省に認可されているED治療薬と申しますと、バイアグラ・レビトラ・シアリスと全部で3種類あります。

バイアグラを飲むと、効果が出始めるのと一緒に「顔のほてり」や「目の充血」といった副作用が現れることが多いです。
初めてトリキュラーを飲む場合、又は飲むのを止めていて再開するといった場合、第1周期目の一週間は他の避妊法を併用することが肝心です。
「摂取して直ぐに効果が見られなかったから本物じゃないのでは??」と思うかもしれませんが、プロペシアと同じでフィンぺシアも効果が出るまでに時間がかかります。
脂質の多い食べ物を食べる時に、主体的にゼニカルを摂取することをおすすめします。それにより驚くほど油をウンチと一緒に体外に出すことができるのです。
バイアグラについての我が日本国での特許期間は2014年5月に満了したために、厚労省により認可を受けたジェネリック医薬品が医薬品開発会社10社よりマーケット展開されています。