ジェイゾロフト 通販 広瀬薬局

ジェイゾロフト50mg

ジェイゾロフトは、ファイザー製薬が開発した比較的新しい抗うつ薬のひとつです。先発医薬品であり、安定した効果を期待できます。SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)に分類される、 脳内のセロトニン濃度を上げることで病状の改善を期待できます。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


商品説明

※当薬ゾロフトの商品概要・使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
ジェイゾロフトはアメリカのファイザー社が開発した医療用医薬品で、選択的セロトニン再取り込み阻害剤に分類される抗うつ薬です。
国内では2006年に承認・販売されており、うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害に適応がある比較的新しいお薬です。
有効成分としてセルトラリンを配合しており、セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害します。これにより、神経伝達物質であるセロトニンの濃度が高まり、気分が楽になり前向きになると考えられています。
また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にする効果も期待されています。うつ病のほか、突然動悸や息切れ、強い不安を伴うパニック障害や外傷後ストレス障害(PTSD)などいろいろな心の不具合に応用されています。
PTSDとは震災など、強烈なショック体験や強い精神的ストレスが心のダメージとなって、時間がたってからもその経験に対して強い恐怖を感じる障害です。
国内で3番目に開発された選択的セロトニン再取り込み阻害剤であるジェイゾロフトは、抗不安作用と抗うつ作用を併せ持ち、他の同類薬より作用が強力です。また、選択的にセロトニンに作用するため、従来の抗うつ薬に比べて口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が少ないのも特徴です。
臨床試験の結果、再発率(再燃率)が低いことが顕著に現われました。また、抑うつ気分・不安や焦燥・睡眠の状況・社会活動性・不安に伴う身体症状・食欲の程度から、プラセボ(偽薬)に比べて顕著な改善が見られています。
抗うつ薬は専門医による受診の上で処方されるのが基本です。人によってはジェイゾロフトの服用により、精神的変調をきたす報告があります。稀に衝動的になったり攻撃性が現われたり、かえって良くない症状をまねく恐れがあります。
また、薬の減量に伴い退薬症状(離脱症状)を起こすことがあるので、中止の際は必ず徐々に減量する必要があります。

お薬コラム

プロペシアに関しましては同一の有効成分が入っているジェネリック医薬品も売られていますので、長い期間に及ぶ治療のための薬代を節約することも可能なのです。
青緑色の錠剤として認知されているカマグラゴールドは様々な国で流通しており、ED治療薬のトップブランドとして認識されているバイアグラのジェネリック医薬品です。
トリキュラーというのは、忘れることなく正しく服用した場合におよそ99%という驚異的とも言える避妊効果があるとされています。
日にたばこを15本以上吸っている35歳を越えているという人は血栓症に陥るリスクが高いので、トリキュラーだけじゃなくピルを処方することはできません。
「今現在生えている頭の毛を健やかにする」ものが育毛剤になります。年と共に生じる可能性のある抜け毛だったり薄毛を抑え、毛髪の健康をキープするために愛用するものです。

髪の毛はひと月の間に1センチくらい伸びるようです。それがあるのでフィンペシアの効果を得るためには、6ヶ月近く毎日毎日飲用することが必要とされます。
女性用の育毛剤には、抜け毛に繋がる男性に象徴される「5αリダクターゼ(酵素)」を阻止する成分は配合されていない点は理解しておきましょう。
肥満治療薬の一種として誰もが知るのがゼニカルだと言えます。ゼニカルは食物から摂った脂の吸収をブロックし、その分を便と同時に体外に排出する作用があるとされています。
肌の乾燥対策として病院で処方される一般的な薬に「ヒルドイド」という名前の塗り薬があります。小さなお子さんから老人までを対象に使用されている保湿の薬です。
ルミガンと一緒の有効成分ビマトプロストが配合されているジェネリック医薬品の一種「ケアプロスト」も高評価です。女性が利用するまつ毛育毛剤です。

通信販売の8割が偽物というデータも存在し、カマグラゴールドの粗悪品も諸々見られるようになっているので要注意です。
資質を多く含むおかずを食べるというような時に、進んでゼニカルを飲用するようにしましょう。それにより驚くほど脂を体外に排出することができます。
現在日本の厚労省に認可されているED治療薬には、シアリス、バイアグラ、レビトラと全部で3種類ございます。
国外の通販サイトを使ってフィンペシアを買う人が増加しているみたいですが、日本国内においてはまだ許可されていない商品ということで、海外からの通販になります。
アフターピルを内服した後も性交渉を持つといった場合には、服用した翌日から低用量ピルを飲み始めて、その後はそれを継続することをお勧めします。