アジー 通販イープラス

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

アジーは、インドのシプラ社が製造販売しており、細菌をやっつける抗生剤です。また、ファイザー社が製造販売しているジスロマックのジェネリック薬になりますので、安くお買い求めいただけます。ジスロマックは、日本でも医薬品として認可が下りています。 細菌感染による咽頭・喉頭炎や扁桃炎、マイコプラズマなどによる肺炎、性感染症の1つの原因であるクラミジアなどに効果があります。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー250mg(ジスロマックジェネリック)10錠

クラミジア菌による性感染症などに対して効果のあるアジスロマイシン250mgを配合したジェネリック医薬品です。マクロライド系抗菌薬に分類されます。長時間効果が持続するため、場合によっては1回の投与で治療が終了します。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠

尿道炎の原因クラミジアや淋病の第1選択治療薬ジスロマックの低価格ジェネリック。症状が出たら2錠を飲むだけで数日に症状が治ります。成分アジスロマイシン配合の人気の抗生物質です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)10錠

ジスロマックジェネリックは淋菌やクラミジア、大腸菌など、様々な菌を退治する抗生物質です。これらの菌が原因で発症する尿道炎や子宮頸管炎といった性感染症をたった一度の服用で簡単に治してくれます。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマックジェネリック100mg(シロップタイプ)

アジスラルは飲むタイプの抗生物質です。マクロライド系の抗生物質であるアジスロマイシンを100mg配合しており、クラミジアやマイコプラズマなど様々な感染症に効果を発揮します。その抗菌効果作用が長いことも特徴です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

お子さんからご年配の方まで服用いただけるアジーDRY SYRUPは、飲むタイプの抗菌薬です。マクロライド系抗生物質で有名なジスロマックのジェネリックで、クラミジアやマイクロプラズマだけではなく、尿道炎や呼吸器感染症の治療にも有効です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


お薬の便利情報

フィンペシアの主成分であるフィナステリドはAGA治療に効き目を見せますが、一方で副作用のリスクもあるのです。これに関しましてはプロペシアも同様です。
酒と同時に服用するのはお勧めできません。酒が苦手な人がレビトラとお酒を時間を同じくして体に入れると、血管拡張効果によってアルコールがたちどころに回って立っていられなくなる場合があるからなのです。
髪の毛は1ヵ月で1センチ程度伸びると言われています。それがあるのでフィンペシアの効果を実感するには、3~6か月位連日飲むことが不可欠です。
やや暗い緑色の錠剤として認識されているカマグラゴールドは様々な国で流通しており、ED治療薬の代表格として認識されているバイアグラのジェネリック薬品なのです。
アフターピルにつきましてはなんだかんだ言う人がいますが、最たる特徴は排卵を遅らせることなのです。これを摂ることで5日ほど先延ばしすることができると考えられています。

資質を多く含むおかずを食べるというような時に、意識的にゼニカルを飲用するようにしましょう。効果としてびっくりするくらい脂を体外に排出することが可能です。
EDという根の深い悩みのある人にとって、バリフは絶大な助けになると思います。他のED治療薬と比べても価格的に安価なので多くのファンがいます。
バリフはED治療薬で有名なレビトラのジェネリックでコストパフォーマンスがウリの商品です。インドの製薬会社であるサバ・メディカ社により製造・販売されている薬です。
皮膚の乾燥用として医療施設で処方される処方されるお薬に「ヒルドイド」と呼ばれる塗り薬があります。子供から高齢の方までを対象に使用される保湿目的の医薬品です。
低用量ピルというのは不妊症の原因にはなり得ません。服用を止めれば排卵も再開します。ピルの服用をストップした直後に妊娠したといった時でも、胎児に影響が出ることは皆無です。

トリキュラー摂取による副作用は、全体の概ね半数に見られると聞きますが、1週間ほどで消えてなくなるとの調査結果もあるようです。
シアリスの服用によって顔のほてりや頭痛などの副作用が齎される可能性がありますが、これらは血管が拡張される作用によるものですから、効果が出た証拠だと考えていいでしょう。
ケアプロストと言いますのは緑内障の治療時に眼圧を引き下げるために扱うのみならず、まつ毛の生育を促進することによりまつ毛全体のイメージに好ましい影響を与えてくれるのです。
低用量ピルに関しましては妊孕性にも影響の少ないお薬ですから、妊娠をしたいと希望した時には低用量ピルの服用を止めさえすれば、排卵などが正常に戻り妊娠可能だと聞きます。
国内で製造販売の許可を得た医薬品ならば、副作用等のせいで健康被害を被るようなことがあった時に治療に必要な費用一部を補助してくれる救済制度が適用されるとされていますが、カマグラはその対象ではありません。